私達日本人が学ぶべき、台湾と日本との関係とその背景について

台湾は日本にとても近い国で飛行機なら4時間程度で訪れることが可能ですし飛行機代も3万円から5万円くらいで往復券を購入することが出来ます。つまりとっても身近でさらに治安が良くて料理も安くて美味しいのが特徴だと言えます。また国民性としては親切で大人しい人柄の人が多いと言えます。

また台湾と日本の関係は非常に良好であるという事が出来ます。日本はかつての戦争で台湾を植民地にした過去もありますが、植民地にした際に行った統治により教育の地盤が出来たこともあり、さほど強い反日の感情は持っていないようです。現代においては台湾は親日、反韓が強い国だと言えます。台湾でのアンケートによると一番好かれている外国人は日本人という結果が出ていて、特に若い人程その傾向が強いみたいです。

その背景にはあるのは韓国の台湾代表部の所属外交官の妻が交通事故を起こした時に日本人のフリをした事件があり、結局韓国人とバレたことでよりイメージが悪くなったなんて事もありました。他にも台湾新幹線の開業は当初2005年だったのが韓国企業の手抜き工事によって問題となり日本政府の援助金を受けて再工事したといった事も挙げられます。他国との交流というのは重要であると言えますし、それが日本から近い国なら尚更だと言えます。

観光面や文化面で日本との関わりがとても深い台湾

台湾は東アジアに位置しており、日本からの観光客が非常に多いところです。だいたい5万円前後の料金で旅行できるというのも人気の理由ですが、それ以上に特筆したいのは台湾料理のおいしさです。台湾料理はどちらかと言えば日本人好みの味付けになっていて、家庭的や庶民的という言葉がピッタリと合っています。日本料理以外で本場のアジアンテイストを存分に味わいたいというグルメならば、台湾はまさに適した観光地なのです。

また、台湾はかなり親日家の人たちが多いため、日本人にとっては非常に交流しやすいです。海外旅行は現地の人とどう交流するかが醍醐味でもありネックですが、台湾の中心部に限っては日本語がそのまま使えるケースもありますので言葉の壁を感じなくて済みます。

さらに、台湾はとても野球が盛んで、日本のプロ野球とも肩を並べる実力があります。日本でも日本ハムで活躍する陽岱鋼選手や、ヤンキースで活躍したこともある王建民選手がとても有名です。世界大会では必ず活躍してくる実力を秘めており、日本人のプロ野球ファンにとってはかなりなじみ深いです。

こうして、観光面や文化面で日本と関わり深いのが台湾であり、日本人として積極的に交流を深めていきたいところです。