台湾求人も、担当者がコンサルティングをしてくれる人材紹介会社

台湾での仕事を探している求職者にとって非常に頼りになるのが人材紹介サービス会社です。

海外で仕事をするのが初めてだという方の場合、どういったところで仕事を探したら良いのか、そして希望する勤務先が見つかった後の書類の書き方について、面接について、そして採用が決まった後の就労ビザについて…などなどいろいろと分からないこともたくさん出てくるかと思います。

そういった場合にも、人材紹介会社を使えば、求職者一人ひとりに対して専任の担当者がついてくれてアドバイスをしてもらえますから安心です。

不安に思うことや心配なこと、分からないことなどを何でも相談することが出来て、的確なアドバイスがもらえることがとても心強いかと思います。

自分の学歴や経歴、得意分野などについては嘘偽りなく正直に登録しておきませんと、後々から内容が違ったとなると問題ですから、正しく登録するようにしてください。

こうしたサポートは、ほとんどの人材紹介会社で無料で受けられますから、一社だけではなくいくつかの会社に登録をしておいて、出来る限りたくさんの求人情報を得られるようにしておくと良いでしょう。

海外での豊富な求人情報を持っていたり、丁寧なサポートを受けられる人材紹介会社としては、リクルートエージェントやJAC Recruitment、DODAやパソナ海外などといったところが有名です。

個人的にはこれらのすべてに登録しておいた上で、気になる求人があれば応募してみると良いかと思いますが、自分の経歴や働き方に合わせて仕事を選びたい、あるいは選べる立場の方はその選び方を教えてくれてるサイトを参考にされるとよいと思います。
人材紹介サービスの使い分け。
参考:台湾求人の日本人への道しるべ

台湾での就職を志す方が人材紹介会社を使うメリットとは

台湾での求人情報を探すとなると、ごく普通の日本の求人情報誌だったり、求人情報サイトでは見つからないでしょう。

もちろん現地に赴いて、現地のフリーペーパーの求人情報欄を見たりすればいちばん手っ取り早いかも知れませんが、そのためにわざわざ何度も台湾を行ったり来たりしているのでは時間もお金も手間もかかってしまいます。

台湾在住の友達がいれば、求人情報を送ってもらったりするのもいいかも知れません。

ただし、まったく台湾の現地にそういった知り合いもいない場合には、日本にいながらにして台湾の求人情報を見つけていく必要があります。

そうしたときに非常に便利なのが、人材紹介サービス会社です。

海外の求人情報をたくさん持っている専門の会社もありますから、そういったところに登録しておくと自分では見つけることが出来ない情報を提供してもらうことが出来ます。

また、人材紹介サービス会社を選ぶときには、台湾での仕事を探すのであれば、台湾を専門にしていたり、台湾に強いところに登録するようにしましょう。

アメリカやヨーロッパに強いような会社に登録していたとしても、希望するような仕事はなかなか見つからないので意味がありません。

そして、通常は一般公開がされていない、いわゆる非公開求人も人材紹介サービスだからこそ持っている情報ですので、そういった特別な求人情報を得るためにもいくつかの人材紹介会社に登録して上手に利用していきましょう。

人材紹介会社が保有する台湾の求人は何故非公開のものが多い?

台湾で就職や転職を考えている方の中には、ご自身で求人情報をどのようにして探したら良いのか分からない方も多いかと思います。
そういったときに、便利に使えるのが人材紹介サービスです。

日本で探す台湾の求人情報の多くが、非公開求人になっていたりしますから、普通にウェブサイトから探そうとしたり、求人情報誌から探そうと思っても情報がヒットすることはありません。

一度公開してしまえば、応募者が殺到してしまったりすることもありますし、出来るだけ条件に合致していて有能な人材だけを選考の対象にしたいというような企業の意向から非公開求人が設定されていたりするのです。

特に台湾は日本人にも非常に人気が高い国ですから、台湾での就職や転職をしたい人はとても多いのです。

一度求人情報を公開したら、多数の応募者が出てくることは間違いないでしょう。

そのため、非公開求人の内容を知りたい場合には、人材紹介サービス会社のサイトなどに登録する必要があります。

登録料は無料で、きめ細やかなサービスを提供している人材紹介サービス会社が多いので、安心して利用できますし、いくつかの会社に複数登録した上で希望の求人があればそこに応募したり、自分の希望とする求人が出てきたときに連絡をもらう設定にしておけば、チャンスを逃すこともありません。

出来るだけ自分の希望する仕事に就くためには、しっかりと自分の情報を間違いなく登録しておくようにしましょう。

サイトに登録しておけば、希望と合致する求人情報が新たに出てきたときには優先的に情報を提供してくれるのです。

台湾の日系企業に応募する際の履歴書について

海外で現地採用として就職や転職をする場合には、その国の履歴書の特徴に驚かされることもあるかと思います。

日本でしたらきちんと書き込む内容が決まっているフォーマットがあるのですが、海外の履歴書(レジュメ)はとても自由度が高いことがほとんどです。

そして、台湾人が求人に応募する際には日本では考えられないような写真を使ったりもします。

日本ならば、写真屋さんや、インスタント写真機などできちんと証明写真を撮るのが一般的ではありますが、台湾人の中にはまるで履歴書に使うものとは思えないようなポーズの写真を使っていたり、プリクラの写真を使っている人もいてビックリさせられます。

こういったとても自由な感じで撮られた写真を堂々と履歴書に使っていたりしますので、たとえば周りの台湾人の友人などを真似して同じように履歴書を作成するのはやめましょう。

日系企業への応募の際にはもちろんですが、台湾企業に応募する際にも、このような履歴書の作成の仕方でしたらやはりいくら実際には真面目で優秀な人材だとしても良い印象は与えられません。

特に日系企業の場合には、その履歴書を見た時点で、中身を見られることなくスルーされてしまうこともあるでしょう。

きちんと自分を的確にアピール出来るような中身を書くことはもちろんですが、さらに写真についても日本で撮るようなものと同様に証明写真として使用できるものを使うようにしましょう。