台湾求人も、担当者がコンサルティングをしてくれる人材紹介会社

台湾での仕事を探している求職者にとって非常に頼りになるのが人材紹介サービス会社です。

海外で仕事をするのが初めてだという方の場合、どういったところで仕事を探したら良いのか、そして希望する勤務先が見つかった後の書類の書き方について、面接について、そして採用が決まった後の就労ビザについて…などなどいろいろと分からないこともたくさん出てくるかと思います。

そういった場合にも、人材紹介会社を使えば、求職者一人ひとりに対して専任の担当者がついてくれてアドバイスをしてもらえますから安心です。

不安に思うことや心配なこと、分からないことなどを何でも相談することが出来て、的確なアドバイスがもらえることがとても心強いかと思います。

自分の学歴や経歴、得意分野などについては嘘偽りなく正直に登録しておきませんと、後々から内容が違ったとなると問題ですから、正しく登録するようにしてください。

こうしたサポートは、ほとんどの人材紹介会社で無料で受けられますから、一社だけではなくいくつかの会社に登録をしておいて、出来る限りたくさんの求人情報を得られるようにしておくと良いでしょう。

海外での豊富な求人情報を持っていたり、丁寧なサポートを受けられる人材紹介会社としては、リクルートエージェントやJAC Recruitment、DODAやパソナ海外などといったところが有名です。

個人的にはこれらのすべてに登録しておいた上で、気になる求人があれば応募してみると良いかと思いますが、自分の経歴や働き方に合わせて仕事を選びたい、あるいは選べる立場の方はその選び方を教えてくれてるサイトを参考にされるとよいと思います。
人材紹介サービスの使い分け。
参考:台湾求人の日本人への道しるべ

台湾での就職を志す方が人材紹介会社を使うメリットとは

台湾での求人情報を探すとなると、ごく普通の日本の求人情報誌だったり、求人情報サイトでは見つからないでしょう。

もちろん現地に赴いて、現地のフリーペーパーの求人情報欄を見たりすればいちばん手っ取り早いかも知れませんが、そのためにわざわざ何度も台湾を行ったり来たりしているのでは時間もお金も手間もかかってしまいます。

台湾在住の友達がいれば、求人情報を送ってもらったりするのもいいかも知れません。

ただし、まったく台湾の現地にそういった知り合いもいない場合には、日本にいながらにして台湾の求人情報を見つけていく必要があります。

そうしたときに非常に便利なのが、人材紹介サービス会社です。

海外の求人情報をたくさん持っている専門の会社もありますから、そういったところに登録しておくと自分では見つけることが出来ない情報を提供してもらうことが出来ます。

また、人材紹介サービス会社を選ぶときには、台湾での仕事を探すのであれば、台湾を専門にしていたり、台湾に強いところに登録するようにしましょう。

アメリカやヨーロッパに強いような会社に登録していたとしても、希望するような仕事はなかなか見つからないので意味がありません。

そして、通常は一般公開がされていない、いわゆる非公開求人も人材紹介サービスだからこそ持っている情報ですので、そういった特別な求人情報を得るためにもいくつかの人材紹介会社に登録して上手に利用していきましょう。

人材紹介会社が保有する台湾の求人は何故非公開のものが多い?

台湾で就職や転職を考えている方の中には、ご自身で求人情報をどのようにして探したら良いのか分からない方も多いかと思います。
そういったときに、便利に使えるのが人材紹介サービスです。

日本で探す台湾の求人情報の多くが、非公開求人になっていたりしますから、普通にウェブサイトから探そうとしたり、求人情報誌から探そうと思っても情報がヒットすることはありません。

一度公開してしまえば、応募者が殺到してしまったりすることもありますし、出来るだけ条件に合致していて有能な人材だけを選考の対象にしたいというような企業の意向から非公開求人が設定されていたりするのです。

特に台湾は日本人にも非常に人気が高い国ですから、台湾での就職や転職をしたい人はとても多いのです。

一度求人情報を公開したら、多数の応募者が出てくることは間違いないでしょう。

そのため、非公開求人の内容を知りたい場合には、人材紹介サービス会社のサイトなどに登録する必要があります。

登録料は無料で、きめ細やかなサービスを提供している人材紹介サービス会社が多いので、安心して利用できますし、いくつかの会社に複数登録した上で希望の求人があればそこに応募したり、自分の希望とする求人が出てきたときに連絡をもらう設定にしておけば、チャンスを逃すこともありません。

出来るだけ自分の希望する仕事に就くためには、しっかりと自分の情報を間違いなく登録しておくようにしましょう。

サイトに登録しておけば、希望と合致する求人情報が新たに出てきたときには優先的に情報を提供してくれるのです。

台湾の日系企業に応募する際の履歴書について

海外で現地採用として就職や転職をする場合には、その国の履歴書の特徴に驚かされることもあるかと思います。

日本でしたらきちんと書き込む内容が決まっているフォーマットがあるのですが、海外の履歴書(レジュメ)はとても自由度が高いことがほとんどです。

そして、台湾人が求人に応募する際には日本では考えられないような写真を使ったりもします。

日本ならば、写真屋さんや、インスタント写真機などできちんと証明写真を撮るのが一般的ではありますが、台湾人の中にはまるで履歴書に使うものとは思えないようなポーズの写真を使っていたり、プリクラの写真を使っている人もいてビックリさせられます。

こういったとても自由な感じで撮られた写真を堂々と履歴書に使っていたりしますので、たとえば周りの台湾人の友人などを真似して同じように履歴書を作成するのはやめましょう。

日系企業への応募の際にはもちろんですが、台湾企業に応募する際にも、このような履歴書の作成の仕方でしたらやはりいくら実際には真面目で優秀な人材だとしても良い印象は与えられません。

特に日系企業の場合には、その履歴書を見た時点で、中身を見られることなくスルーされてしまうこともあるでしょう。

きちんと自分を的確にアピール出来るような中身を書くことはもちろんですが、さらに写真についても日本で撮るようなものと同様に証明写真として使用できるものを使うようにしましょう。

学歴重視の台湾社会、学卒や修士卒は当たり前?!

台湾は日本以上に学歴社会だといわれています。大学卒だけではなく、修士卒や博士卒の方もとても多いです。どれくらいの方がそうであるのかというと、例えば日本だと、150万人ですが、全人口の1.25パーセントが修士卒や博士卒であるのに対して、台湾はおよそ100万人で、全人口の4.2%だと言われます。人数で見ると一見日本人の方が多いと思われるでしょうが、人口比では台湾の方が3倍も多いです。

台湾はもともと大学まで行くなら修士や博士まで進むのが当然とされる社会です。子供も小さいころから塾通いをして遊ぶ時間も削って勉学に励んでいた中で、大学院が多く建設された90年代の終わりころから院のブームがきました。修士や博士まででてスキルを磨く方も増えているので、大学からそのまま上がる方もいれば、留学される方、働きながら通う方など学び方は様々です。

しかし、なぜ台湾の人が高学歴を望むのでしょうか!?

それは、就職に理由がありました。多くの有名企業は、学卒や修士卒の人よりも博士卒の人を優先して採用する傾向が強く、中には「修士卒は当然」とする企業もあるくらいです。

これでは、せっかく学校に行って学ぶなら修士や博士までいく方がメリットが大きいと思います。企業が高学歴を望むからこそ社会が高学歴を目指すようになるのですね。しかし、昔の日本が学をとても重視していたけれども今は人の魅力や個性も見直しされてきつつあります。それだけでは成長が止まる時代がいつかくるのではないかと危惧してしまうところであります。

バスの運転が粗いけど、交通機関は発達している

英語より日本語が分かる人が多く、また親日国でもあるので、初めて海外に行くにはおすすめしたい国です。

旅行で行った際は交通機関が日本並みに発達していることに驚きました。

飛行機で3時間程度で着く台湾は、地下鉄が発達してるので(雰囲気は東京のようです)、行きたい所には難なく行くことができます。

地下鉄構内や電車内は清掃が行き届いており、ストレスを感じることはありませんでした。

またタクシーを利用した際は、運転手の方が気さくに話しかけてくれたり料金も比較的安かったので、行きたい場所にピンポイントで行きたい人にはおすすめです。

ガイドブック片手に指差しするだけで、スムーズに移動することができますよ。

人里離れた観光名所にはバスを利用しました。

日本のように電光掲示板がないので、運転手の声を頼りに下車するのですが、いつ降りたらいいか分からず通り過ぎちゃいました。

バス移動はちょっと難しいかもしれませんね。しかし、やはり親日国。

皆さん気さくに対応してくれるので、道に迷ったら訪ねてみてください。丁寧に教えてくれますよ。

教育熱心な台湾人、中学生でパソコンも使いこなす

台湾はアジアの中でもトップクラスに入るくらいに教育熱心な国だということが言えるでしょう。

高校までを義務教育とすることを検討していて、大学の進学率も日本よりも高くなっていますから、ほとんどの方が大卒や大学院卒だったりもします。

IT産業・ハイテク産業が盛んな国だからこそなのかもしれませんが、小さいうちからパソコンを使っていて、中学生ごろになると誰でもパソコンの操作は問題なく出来たりもします。

また、自分のパソコンを学校に持ち込んで、学校の無線LANを使いながら授業を受ける風景も珍しいことではありません。

こういった面も、日本よりも高いレベルで授業を受けているということが言えるでしょう。

台湾での就職や転職をする場合、ご自身だけではなくご家族の方も一緒に台湾で生活をすることもあるかもしれませんが(特に駐在員の場合)、台北市には台北日本人学校がありますから、日本にいるのと変わらないような学校生活を送ることも出来ます。

日本人学校は小学校と中学校が展開されていて、非常に人数も多くなっています。このことからも、台湾で働いている日本人の多さが分かります。

台湾の学生の中には、日本への留学を始めとして、アメリカやヨーロッパなどの国々に留学を考えている方も非常に多いですから、英語を始め語学力を高めようと一生懸命勉強されている学生さんの数も日本以上に多いのではないでしょうか。

私達日本人が学ぶべき、台湾と日本との関係とその背景について

台湾は日本にとても近い国で飛行機なら4時間程度で訪れることが可能ですし飛行機代も3万円から5万円くらいで往復券を購入することが出来ます。つまりとっても身近でさらに治安が良くて料理も安くて美味しいのが特徴だと言えます。また国民性としては親切で大人しい人柄の人が多いと言えます。

また台湾と日本の関係は非常に良好であるという事が出来ます。日本はかつての戦争で台湾を植民地にした過去もありますが、植民地にした際に行った統治により教育の地盤が出来たこともあり、さほど強い反日の感情は持っていないようです。現代においては台湾は親日、反韓が強い国だと言えます。台湾でのアンケートによると一番好かれている外国人は日本人という結果が出ていて、特に若い人程その傾向が強いみたいです。

その背景にはあるのは韓国の台湾代表部の所属外交官の妻が交通事故を起こした時に日本人のフリをした事件があり、結局韓国人とバレたことでよりイメージが悪くなったなんて事もありました。他にも台湾新幹線の開業は当初2005年だったのが韓国企業の手抜き工事によって問題となり日本政府の援助金を受けて再工事したといった事も挙げられます。他国との交流というのは重要であると言えますし、それが日本から近い国なら尚更だと言えます。

観光面や文化面で日本との関わりがとても深い台湾

台湾は東アジアに位置しており、日本からの観光客が非常に多いところです。だいたい5万円前後の料金で旅行できるというのも人気の理由ですが、それ以上に特筆したいのは台湾料理のおいしさです。台湾料理はどちらかと言えば日本人好みの味付けになっていて、家庭的や庶民的という言葉がピッタリと合っています。日本料理以外で本場のアジアンテイストを存分に味わいたいというグルメならば、台湾はまさに適した観光地なのです。

また、台湾はかなり親日家の人たちが多いため、日本人にとっては非常に交流しやすいです。海外旅行は現地の人とどう交流するかが醍醐味でもありネックですが、台湾の中心部に限っては日本語がそのまま使えるケースもありますので言葉の壁を感じなくて済みます。

さらに、台湾はとても野球が盛んで、日本のプロ野球とも肩を並べる実力があります。日本でも日本ハムで活躍する陽岱鋼選手や、ヤンキースで活躍したこともある王建民選手がとても有名です。世界大会では必ず活躍してくる実力を秘めており、日本人のプロ野球ファンにとってはかなりなじみ深いです。

こうして、観光面や文化面で日本と関わり深いのが台湾であり、日本人として積極的に交流を深めていきたいところです。